冲电气开启您的梦想

社会贡献活动

灾害救援支援体制づくり

様々な灾害に対し「OKIグループ」で支援

OKIでは,1995年1月17日に起こった阪神·淡路大震灾をきっかけに,社内の防灾および灾害救援体制を整备してきました。灾害时に必要な备蓄品の准备と社员の训练を実施しているほか,各地の事业所の备蓄品や社员のボランティアによる被灾地域への贡献も実现できる体制を整えています。

平成28年 熊本地震への対応について

OKIグループでは2016年4月14日、ならびに4月16日に発生した平成28年 熊本地震に対し、被災された方々の救援および被災地復興のために、義援金として300万円の支援を行いました。

また同地震の复兴支援を目的に开设されたインターネットサイト「かせするもん。」(注1)の活动に赞同し,OKIグループ社员に対して同サイトの阅覧を推奨するなど,息の长い支援に协力しております。

  • 注1:かせするもん。

    「かせする」とは熊本弁で「お手伝いする」という意味です。

东日本大震灾への対応について

OKIグループでは2011年3月11日に発生した东日本大震灾に対し,被灾された方々の救援および被灾地复兴のために,义援金およびITネットワーク关连机器を合わせて総额1000万円を超える支援を行うとともに,生活再建に向けた社会インフラシステムの复旧を第一优先に取り组みました。
また,国内で労使共催による社员募金を実施したほか,世界各国においてもグループ社员が募金を行い,各国の赤十字社などを通じて寄付しました。

さらに,他社との协働による复兴支援ボランティア活动を2011年度から2015年度まで継続的に実施し,延べ74名の社员が宫城県七ヶ浜町において支援活动に従事してきました。作业内容は発灾当初のがれき撤去や泥の掻き出し作业,ならびに农地再生に向けた畑の整备作业などをおこないました。最近では町内海水浴场での海开き前清扫活动に,OKI东北支社の社员とその家族を中心におこなっています。

また宫城県亘理町では,グローバル·コンパクト·ネットワーク·ジャパンが主催した「东日本大震灾复兴コレクティブアクション」に,2013年から2016年まで参加し,4年间で延べ48名の社员ボランティアを派遣しました。

写真4
农地の整备作业(宫城県七ヶ浜町)/防潮林再生のための苗木メンテナンス作业(宫城県亘理町)

写真3
菖蒲田海水浴场での海岸清扫活动

ページの先头へ

过去の活动実绩

中国四川省大地震に灾害救援金

2008年5月12日に発生した中国四川省大地震による被害は,死者6万9197人,行方不明者1万8341人,负伤者37万4176人,亲を亡くした子どもたち4千人,倒壊家屋536万戸,损壊家屋2142万戸と报道されました。この未曾有の灾害に対し,被灾地の一日も早い复兴を祈念し,労使共催の取り组みとして5月16日から6月6日にかけて救援金の募金活动を実施いたしました。その结果,OKIグループの役员·社员より,4345358円の救援金が集まり,6月10日と12日の2回に分け,日本赤十字社に送金いたしました。

また,募金活动期间中に社员より提供された135元の现地通货は,OKI北京事务所経由で现地の中国红十字に募金いたしました。
これ以外にもOKIグループ国内2社で400万円を日本赤十字社に,OKIグループ现地法人10社で1252万円相当现地通货を中国红十字に寄付させていただきました.OKIグループとして谨んでお见舞いを申し上げるとともに,被灾地の一刻も早い复旧をお祈りいたします。

获取Adobe Reader
PDFの阅覧にはADOBE READERが必要です.Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先头へ

公的研究费の不正使用および研究活动における不正行为等に系る通报も上记で受け付けます。

特别内容

      お问い合わせ

      お问い合わせ